読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆☆☆☆☆明石の姐御日記☆☆☆☆

主にガンバ大阪とか。

ガンバ系ブロガーが選ぶ2010年ガンバ大阪ベストマッチ

ワタクシが選ぶのはこれ。

 
J1リーグ第13節(2010年7月18日)浦和レッズ戦。
ザ・遠藤劇場。
浦和のオウンゴール、お互い終盤失点、双方に退場者と字面だけで見たらつまらんバカ試合に思えますが、これが聴くと観るでは大違い。
酷暑の掛かりのあの蒸し暑さといい、ジリジリした試合の展開といい、2010年を象徴するような試合でした。
2010年南アフリカワールドカップで活躍したガンバの遠藤、レッズの阿部の二人が活躍したのも2010年らしいところ。
 
ガンバ的には本来ならスカッと2−1で勝っておけばいいのに2−2にしてから、一度も相手にボールを触らせずゴールまで行くとは自作自演にもほどがある…。
 
これが相撲なら八百長と思われても仕方ないような展開。
 
「立ち合いは強く当たって」→エジミウソンヘッドでゴール(浦和先制)
「流れでお願いします」→宇佐美ゴール・ルーカス退場  (ガンバ追いつく)
「とりあえずコケます」→山田暢久オウンに退場に大活躍 (ガンバ逆転)
「まっすぐ思い切って行きます」→ロスタイムに遠藤逆転弾(浦和追いつくもガンバ逆転)
 
できすぎw