読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆☆☆☆☆明石の姐御日記☆☆☆☆

主にガンバ大阪とか。

今年初映画。

さて今年も映画見ますよ。
映画は映画館で見るのが好き。
さすがに正規料金1800円は高すぎると思いますが、レディスデー1000円は妥当というか安いと思う。
私がよく行くシネマコンプレックスは遅い時間だと1200円。これくらいが1本の映画の妥当な値段かなぁと思っています。
レディスデーに観るときは2本続けてみることが多いです。
  
で、今回も見たのは2本。
 
・「麒麟の翼」
加賀恭一郎は以前連続ドラマの時に見ていました。それを踏まえてのチョイス。
いきなり中井貴一
なんの予備知識もなく見たのでちょっと笑ってしまいました。
今見てるドラマに2本も出てるのでしょっちゅう会ってる気がする上に、映画館でもこんにちはとは。
この映画だけでも充分成立していますが、ドラマのファンとしてはもうちょっとドラマのネタがあっても良かったかなぁ。
たい焼きネタとか。 
あと三浦貴大松坂桃李がそっくり過ぎてなんかへんな気分でした。これって異母兄弟オチか?とか勘ぐってしまったw
作品自体はわざわざ映画にするまでもなかったかなぁと。ドラマ2時間スペシャルでよかったような。
 
★★★☆☆
 

・「Jエドガー」
まず最初に言っておきます。
ディカプリオがめっちゃ苦手。ギルバート・グレイプの頃からダメ。
それでも見にいったのはFBIフーバー長官の伝記ストーリーと聞いたので、「大統領の陰謀」的な映画だと思ったから。
しかーしそれもすっかり覆されるしまつw
ネタバレになるのでそれ以上言えない!
ディカプリオは苦手なので上手い下手含めてひたすらどうでも良かったですが、後半のジュディ・デンチと二人のシーンはゾクッとしました。鬼気迫る演技でよかった。
イーストウッドの作る映画はこうなんか重苦しいムードが充満してるけど、嫌味でないし、上手く言えないけど、ヨーロッパの血だなぁと思ってしまう。
ナオミ・ワッツは今が旬。きれい。そしてこの人のやってた役も謎。シャーリーズ・セロンが噂されてたらしいけどナオミ・ワッツでよかったと思う。

あと、主人公2人の老後のメイクはいただけませんでした。
 
★★★☆☆