読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆☆☆☆☆明石の姐御日記☆☆☆☆

主にガンバ大阪とか。

2017年ガンバ大阪始動。

soccer

日曜日の新体制発表YouTube配信を見ていよいよやなーという気分になりました。

新しいユニフォーム、新しいスポンサー、新しくやってきた選手、ワクワクしないわけがない。ああもうワクワクしっぱなし。

 

新しくやってきてくれた選手の皆さんありがとう、よろしくお願いします。

  

移籍してきた選手の印象は若い!でした。

単に印象だけかなと思っていたらやはり皆さん若かった。

http://d.hatena.ne.jp/mozunikki/touch/20170118/1484748510

(「百舌鳥日記」さんを参考にさせていただきました。)

最年長のファビオが89年生まれで現在のガンバの中核をなす88年組より全員年下。

しっかりしてるなと思った三浦や井出は呉屋やアデミウソンと同い年なんですね。

 

この伸びしろある選手を取って育てていく姿勢、嫌いじゃない。

山口智遠藤保仁も若くしてガンバ大阪に移籍でやってきたことを考えるとここでもワクワクできます。

そうです、Jリーグサポーターはワクワクの連続でできているのです。

 

あけましておめでとうございます。

soccer

今年もよろしくお願いします。

しかしまあ年末年始、出入り激しい今年のガンバですな。

既報では出て行くのは8人らしいので、今のところ大森、岩下、西野、内田、そして阿部の5人が移籍決定。あと誰か3人。

入ってくるのはいまのとこ千葉から井出遥也ヴェルディから郡大夢(U-23専属)。

あと食野、高、ぺの新卒組。

 阿部、大森とある意味去年までのガンバ、特に3冠時のガンバのサッカーを象徴する選手の移籍は今年は全く違うサッカーすることになるのかなと。

堂安、市丸あたりは本気でガンバってもらいたい。井手口もなんなら今野遠藤をベンチに追いやるくらいの勢いでお願いしたいところ。

個人的に期待してるのは岩下西野のCB移籍をうけての野田の踏ん張り。外国人CBの噂もあるけど、勝ち抜いて先発勝ち取って欲しい。長沢アデミウソン呉屋をはじめFW陣にも奮起を求めておりますが、強化部も強力な外国人(でなくてもいいけども)FW、パンチ力あるとこ引っ張ってきてよーん。頼むでー。

 

 

さようなら2016年。

[soccer]2016年 ガンバ大阪私的まとめ

新スタ元年ということで、こけら落としからはじまったガンバ大阪

笑顔のグランパス小倉監督が懐かしい…。 

今年もほぼゴール裏民としてホームゲーム皆勤しました。友人に誘い誘いわれて違うカテゴリーの席に行ったことも。

トップでのアウェイは福岡と近くの神戸とルヴァンカップ決勝の埼玉スタジアム。福岡以外勝ってないやん。

U-23はホーム7試合観戦。こちらはメインスタンドで。すでに懐かしさを感じるのは小倉監督だけでなく、万博競技場もおなじく。慣れ親しんだ場所なのにどこかよその家のような気持ちでした。

U-23でのアウェイは鳥取にいきました。こちらはかなり楽しかった。

あと岡山美作キャンプの見学にも行きました。


f:id:taep252:20161231021232j:image


f:id:taep252:20161231021152j:image

あんなに激しく練習してたのになー、攻守の切り替えとか攻撃パターンとか。準々決勝敗退は悲しかった。

新スタに行く予定がなくなり、ひさしぶりに親戚が集まる席に行く元日になりそうです。

元日、新スタでガンバ見たかったなぁ。

そして転がり込んできたACLプレーオフ、吉と出るか凶と出るか、なんだかワクワクしてきたぞ!

 いろいろ変化していきそうな来年のガンバ。私は変わらず 応援し続けるだけ。

 

途切れ途切れのブログでしたが、1年間おつきあいいただきありがとうございました。

 

 

天皇杯4回戦 vs.清水エスパルス

延長120分 1-0で勝ち。

得点者 長沢

いやあ寒かった。 前は万博でやってたよね?こんな寒かった?

 今秋初貼るカイロでしたわ。

この時期のガンバさんの天皇杯初戦延長は風物詩。毎年こうなるよねー。なんでや。

とにかく勝てて良かった。次はクリスマスと年末、そして遠藤キャプテンの有言実行を信じて予定あけて待ってる元日。

元日みんなでおせち交換会とかスープマグに入れたお雑煮の見せっことかしましょうね。

(元旦は元日の朝のことなので正しいのは元日ですよ、遠藤さん長沢さん)

***

個人的にはトップの試合参戦は今日が最後。年末は忙しいんですわ。

元日は無理やりから行くつもりにはしてるんですが。近いし!新幹線乗らなくていいし!もしかしたら新大阪行き帰りに乗るかもやけど。

U-23のホーム最終試合は行けたら行く感じで。

***

超今更ですが、ルヴァンカップ決勝の話など。

10月15日 vs.浦和レッズ @埼玉スタジアム2002 

延長120分 1-1 (PK4-5)で負け。

PK戦で負けて悔しかったのも本当ですし、勝ちたかったなーといまだに思うのではありますが、それでもなにかこうすがすがしいとも違うし、なんだろう、負けた悔しさの中にも明るい光が見えたと言うか、ガンバの未来の明るさに救われたというか。

05年、当時のナビスコカップ決勝でオシム率いるジェフ千葉PK戦で負けたときのあの絶望感はなかったです。

井手口と呉屋に未来を託せる幸せを感じられたくらい。

結果は 準優勝だったけど、私の選ぶ今年のベストバウトはルヴァンカップ決勝ですね。全員のファイトがビンビン伝わってきた。 

 

なもんで、ホーム最終新潟戦の呉屋のゴールはうれしかったです。今年のツケは今年のウチに。

 

でも、今日の退場につながったボール蹴りだしはアカンで。熱さゆえかも知れない けど、ガンバはそういうのやらない美学があるから。

ゴール前でパスつないで崩しきるまでシュート打たない美学と同じですよ。いやそれ要らんw

準々決勝、呉屋パトリック抜きでやりくりが難しくなってきましたが、長谷川監督の腕の見せ所でもあります。やりくり上手な長谷川監督の采配に期待してます。

さて新潟か横浜か。どっちだ!

YBCルヴァンカップ準決勝第2戦 vs.横浜F・マリノス

1-1で引き分け。得点者 遠藤

ホームの第1戦が0-0、アウェイが1-1でアウェイゴール1つのガンバが決勝進出!

アウェイゴール方式考えた人天才やわ。

 

先制されての追いつきでしたからね、先制されたときは、「まあ仕方ないわな。行かなくてすむならお金も使わんでええしな」とか思ってたんですが、たいていそう思いだすと点取ってくれたりするんですわこれが。

今回もまさしくそう。

ということで、今日はさっそくチケット発券と新幹線の切符買ってきましたよ。

チケットはJリーグチケットの抽選のヤツエントリーしときました。無事当たってよかった。

相手は強い強い浦和レッズ

胸を借りるつもりで当たって行ってまえーー!

決勝戦のあのおめでたいお祭りの雰囲気好きです。楽しみ!

 

YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦 vs.サンフレッチェ広島

6-3で爆勝ち!

長沢 長沢 丹羽 アデミウソン アデミウソン 阿部

 いやぁ気持ち良かった。

2-2に追いつかれた直後の丹羽ちゃんのゴールが良かった。

広島は2-2になった時アウェイゴール差でこれでもらった!と言う気になったんでしょうね。選手ベンチ含めて喜び方がすごかった。

それを見てなぜか逆に「お、これは行けるんちゃう?」と思いました。

「喜んどけ喜んどけいまのうちに~」と言うてました。

丹羽のゴールで3点目取ってから目に見えて広島の選手の動きが鈍くなりましたね。そら気持ちもおられるわな…ごめんねー!

その後は広島さんが前がかりになったとこにズバズバカウンターが決まって気持ち良かった。倉田と呉屋にも惜しいのあったね。決めてほしかった。サポーターはいつでも貪欲。

昔のガンバ思い出してしまう展開でした。

 

そしてきっちり要らん1点取られると言うね。ホンマ懐かしいガンバでした。たまには良いでしょ。たまにはね。

 

この日私はいつもと違ってカテ3で見ていたのですが、ガンバチアさんたちがとても素敵なのに気づきました。

チャントひとつづつに違う振り付けがあってずっと踊ってらっしゃる。ガンバの応援は途切れなく歌い続けるスタイルなので、チアさんたちも踊りっぱなし。


f:id:taep252:20160906000205j:image

 

そして得点するとチアさんたちで輪になってワニナレナニワ!

この写真はワニナレナニワまわり終わって輪がほどけるとこ。


f:id:taep252:20160906000104j:image

 そしてビジョンで確認してまた喜ぶ!


f:id:taep252:20160906000126j:image
 

 カメラに気づくと笑顔で応えてくださる。
f:id:taep252:20160906000236j:image

ガンバチアさんたちすごいわー。これからも応援させていただきます!

J1リーグ2ndステージ第7節vs.サガン鳥栖

2-1で勝ち。得点者 オウンゴール長沢駿

いやー、暑い暑い。蒸し暑い。2リットルは飲み物飲みましたね。

前半はひさびさの先発呉屋大翔ワントップ気味で。

でもちょっとイマイチ。チャンスは少なかったけど決定的なのが2本あったからあれはキメないと。決めたらまた次があるんよ。そこ踏ん張れー!期待してるよ。

多分一番悔しいのは本人と思うのでこれ以上は言わない。 

前半0-0で終わって、後半の先制点はサガン鳥栖側に。丹羽がハンドとられてPK。何が起こってるのかはさすがに近い吹スタでも不明。

東口はPKの前に動いちゃダメ。毎回先に動いて逆に蹴られちゃう。辛抱覚えましょう。

 

失点直後また試合は動いてアデミウソンのアクロバティックなヘディングつなぎでゴール前まで侵攻、パスを受けようと走り込んだ大森の前にいたサガン鳥栖の選手が蹴り込んでオウンゴールで追いつく。

  

その後は一進一退が続き、特にこちらのセットプレー後のカウンターが怖い。 

ムスタファエルカビル怖いよー。

どんどん時計は進みAT4分。アデミウソンに代わって入った長沢がためを作ってくれてるので、なんとかなりそう、絶対取れる、勝たせるぞー!な雰囲気が充満。

そんな中大森からのクロスを長沢が走り込んでヘディングゴール! 滞空時間の長い軌道のはっきり見えるゴールでした。

早くファサーってなって!って願う時間があったからね。

大喜びのまま試合終了。ATに逆転は興奮した!

 

前節広島戦から始まった遠藤キャプテンが始まりの音頭を取る「サンダーグラップ」(ヴァイキンググラップとも言うようですがサンダーの方がガンバぽい!)。

超楽しいー! 

 

次の磐田戦、勝って3連勝しましょう。エコパ行きたかった(涙

  

 

で、藤春、井手口の五輪組ですが、帰ってきたら誰よりも大きな声でコールする!

でも早く帰ってこなくていいから、スエーデン戦で勝ってトーナメント進んでひとつでもたくさん勝ってこーい!応援してるよ!こころから。青黒の戦士たちはいつでもどこにいても私たちの誇りです。

 
f:id:taep252:20160809032935j:image